【中学受験対応!】算数特化タブレット学習のRISU算数を徹底解説

2021年8月5日

RISU算数を徹底解説

中学受験勉強を進める中で算数の強化は最重要事項であり、どこのご家庭でも苦労されていると思います。

算数特化の塾に通わせることもできますが、中学受験塾との併用は時間的にも学習量的にも(金銭的にも)難しいというのが本音のところ。

ママ

うちの子は図形問題の強化が課題でした。
でも算数塾に通うのは時間的にも難しいし、働いてるので教える時間もなかなかなく…。


そこで「家にいる隙間時間で学習できる教材」を探したところ、SNSを中心にお勧めされていたのがRISU算数でした。

RISU算数は算数に特化したタブレット教材で、よく調べてみるとSAPIXや四谷大塚など中学受験塾に通う子の多くが併用しているとのこと。

しかも四谷大塚の全統テストやSAPIX組分けテストで全国1位を取るなど、確固たる実績を残しています。

そこでRISU算数について学習範囲や料金体系、口コミ評判を調べてみました。


\ こんな方におすすめ /

  • 受験に向けて算数を強化させたい方
  • 算数検定を受験する予定の方
  • 受験塾のクラスアップを狙う方


\ RISU算数の1週間お試しキャンペーン /


現在RISU算数とコラボして人数限定のお試しキャンペーンを行っています。

通常即申し込み(33,000円/年)のところを、当サイト経由で申し込むと1週間1,980円でのお試し利用が可能に!

さらに、1週間後も継続利用する場合はお試し期間の料金が無料で使えます

お申し込みクーポンコード「asv07a」を入力して、この機会に実際に触ってみてください。


RISU算数は算数学習に特化したタブレット学習教材


RISU算数は2014年からサービスを開始した、タブレット型の学習教材です。

塾や双方向オンライン授業と違い、インターネット環境が整っていれば時間と場所に縛られることなく勉強できるのがタブレット型教材のメリット。

その画期的なサービスが評判を呼び、NewsPicks産経新聞TBS「ひるおび」などの大手メディアにも多く取り上げられています。

ママ

2019年にはキッズデザイン賞も受賞しています。
コロナ禍で塾に通うのに不安がある今、特に注目が高まっています。


RISU算数は先取り学習が可能な無学年制

RISU算数は学年ごとに学習範囲を区切るのではなく、実力や進捗に基づいて学習を進める無学年制を採用しています。

算数は一度理解してしまえば学習をどんどん進めることが出来る教科です。

実際、RISU算数利用者の75%以上が自身の学年より上のステージを先取りで学んでいるようです。

早くから先取り学習を行うことは受験期の貴重な時間を他に充てることが出来るので是非ともお勧めしたいところ。

また、先取りとは逆に、過去につまづいたところにどこまでも遡ることができるのも大きなポイントです。

RISU算数で算数検定対策もできる

RISU算数は算数検定と提携し、算数検定マスター判定システムを取り入れています。

これはRISU上での学習成績を分析し、検定を受けて合格できそうなレベルに到達したらそれを教えてくれるというもの。

算数検定は中学受験を目指す子にとっては基本的な内容であり、必ず勉強した方が良いというものではありません。

しかし学校算数の基礎を網羅していることから、先取りで学習しておくと、塾で新たに学ぶときの導入がスムーズになるメリットがあります。

RISU算数利用者では先取り学習を進める上でモチベーションの一つとして受験する子が多いようです。

ママ

RISU算数では合格を後押しするため、学年より上のレベル合格で検定受験費用を全額負担するサービスを行っています。
これは親子共々やる気スイッチが入りますね!


RISU算数のステージ構成

RISU算数には全部で94のステージ(単元)が用意されています。

それぞれのステージには75−100問が収録されており、全てを終える頃には約10,000問を解くことになります。

ボリュームの小さい問題を多く解くことで、小さな成功体験を積み重ねるような構成になっています。

鶴亀算流水算鮮やかに解ける計算などを学ぶ中学受験基礎コースは、RISU算数の全カリキュラムを終えてから学べるようになっています。

RISU算数の3つの特長


ここではRISU算数の大きな特徴を3つご紹介します。

計算問題だけではなく豊富な応用問題を収録

RISU算数の問題は計算問題だけではなく図形や文章題などの応用問題も多く用意されています。

我が家ではこれが一番興味を引かれたポイントでした。

計算問題は確さと速さを磨くためにある程度の量をこなす必要がありますが、短期間に詰め込んでしまうと、子供は考えるのではなく作業的に問題を解くようになってしまいます。

その結果思考力が問われる応用問題を解くことができず、算数に対して苦手意識を持つ結果に。

RISU算数の文章題は1学年分の教材に国語の教科書1年分の文章量が入っているので、読解力の強化にもなりますね。

学習データを分析しオーダーメイドの問題を提示

社会や理科と違い、算数は子どもにより苦手なところがはっきりと分かれる科目です。

RISU算数はタブレットの特性を活かして子供の解答を一人ずつデータ分析し、子どもの苦手をあぶり出します。

そして苦手分野の問題を多く配信するとともに現役の東大・早慶生によるレッスン動画で学びのフォローアップも行います

学び残しを防ぐためのシステムが構築されています。

日能研ママ

紙ベースだと正確に苦手を分析するのが難しいので、進捗を管理する親からしても助かっています!


学習を定着させるための2つの復習を自動出題

算数は一度解いただけで定着するものではありません。

まずはきっちりと理解した上で、忘れてしまうタイミングで再度復習を行うことが記憶に定着させる一番の近道になります。

RISU算数ではまず脳が忘れてしまうタイミングを見計らって復習問題を出題

さらに間違いが多かった問題も自動で出題してくれるので、闇雲に学習して疲弊するのではなく、要点をついた効率の良い学習を行うことができます


ママ

中受家庭では、塾でわからなかったところをRISU算数で補うような使い方が多いようです。


RISU算数の評判は?調べた口コミはこちら

ママ

実際にRISU算数を使っている中学受験家庭の口コミを集めてみました。


入塾前の先取り学習として利用

40代男性

息子が小学校3年生の時、最初は入塾テスト対策になりそうだと思い申し込みました。
実際テストで役立ったかどうかは分かりませんが、効果的だと思ったのは入塾してからです。
小3の2月で入塾する頃には6年生までのステージを全て終えていたので、塾で新しいことを学ぶときも抵抗なくスムーズに入れたようです。
今は解約していますがRISU算数ではタブレットを返却しなくて良いのでそのままデータが残っています。
ゲーム感覚で解けるので、塾勉強の息抜きとして今でも時々使っています。


公文からの乗り換え

30代女性

小学校1年生から公文を習わせてましたが、とにかく問題用紙の量が多く、私が管理しきれず困ってました。
RISU算数はタブレットに問題が入っているので保管するスペースを取らないのが良いです。
娘も好きなところから勉強できるのが良いと言っており、1週間で1ステージクリアすることもあります。
もう少し計算問題を増やして欲しいと思いますが、図形や文章題も入っているのでこんなものかなと思います。


2年目です

40代女性

紙の問題集はやりたがらないのでタブレット教材のRISUにしました。
旅行先に持って行ったりしてもちょっと触ったりしているので継続しやすいと思います。
子供がRISUを解くと親にメールで通知が来るので進捗の把握もしやすいです。
中学受験対策コースがもっと充実していると良いなと思いますが、応用部分は塾で学ぶのでRISUは自宅で基礎を復習するものと割り切って使っています。



RIS算数の1週間お試しコード配布してます

今当ブログではRISU算数をお得にお試しすることができるクーポンコードを配布しています

前回の配布時は、申し込みが殺到して貸与用タブレットが不足し一時受付中止になる程人気だったキャンペーン。

1週間実際にRISU算数を触ることができ、合わないと感じたら返却することができます
返却にかかる費用は送料と保険代の計1,980円だけ。

もし継続利用するならこの費用はかからず、無料でお試しできることになります。

ママ

申し込みをする前に子供に触らせて、続けられそうかどうかを確認しましょう!

RISU算数のお試しコード


\ 先着50名様限定 /

クーポンコード「asv07a」を忘れずに!





▼▼ RISUの料金についてはこちら ▼▼

RISU算数の料金と退会方法
【RISU算数】お試し前にチェックしたい料金と退会方法

続きを見る



▼▼ RISUの口コミ評判についてはこちら ▼▼

RISU算数で受験塾の偏差値アップの実例
【RISU算数】中学受験塾併用者の口コミ評判集めました

続きを見る

-オンライン塾, タブレット学習

© 2022 ニューノーマルな中学受験